気を付けておきたい悪徳な個人融資の手口

銀行とは違い掲示板に投稿し相手とやり取りをするだけで簡単にお金を借り入れすることが出来る個人融資の仕組みですが、その自由なシステムを利用して悪事をはたらく人間も沢山います。そこで今回はそんな悪質な人間がどのような手口で個人融資の利用者を騙すのかについてご紹介致します。


<しっかり返済出来るのか確認するために>

個人融資は企業を介さず個人と個人がやり取りを行う貸金の仕組みであるため、自分が何で相手を信頼するかという点が最も大きな部分となります。身分証明書を確認することが一番確実で手早い手段ですがお金を貸す側も借りる側のことを知らないためお互いに個人情報を交換することになるのです。しかしその交換をせずに返済能力があるか・返済の意志があるのかという確認手段として悪徳業者はとあるやり方を提示してきます。それが見せ金の要求と振込です。
20万円借り入れしたいという方に本当に後から20万円を返済しれくれるのかという確認のために、先に指定の口座へその4分の1の金額である5万円を振り込むよう指示してきます。振込を確認したら本来融資を受けたい金額と合わせて25万円を借り入れしたい側の口座に入金するというものです。お金を借りたいという相手が、本当に自分が貸したお金を返済してくれるのか貸す側としては不安で一杯になるのが当たり前です。借りる側もきちんと自分が返済する意思があるのだと相手にわかってもらうためには、相手が先に入金して意思表示をしてほしいという話に乗ることが一番だと思うのです。


<個人融資という名を借りる悪党とは>

この手口を見てもうお分かりかと思いますが悪徳業者や詐欺師はこの見せ金である5万円を持ったまま姿を消します。お金を貸す気などはなからなくその見せ金詐欺を色々な場所で繰り返し多額のお金をだまし取るという訳です。その後掲示板の投稿も削除され振込先の銀行口座も架空のものとして凍結されてしまっては追いかけることが出来なくなります。銀行口座もお金に困った人間が自分の名義である口座を数十万円で売るということもあるため、追いかけた先は全く関係のない人間だったということも沢山あります。関係のない人間を何人も間に入れることによって自分の姿をくらますという詐欺師の常套手段です。銀行からの融資も受けられずお金に困って個人融資で借り入れをしたいと考えている方は特に藁にすがる気持ちであるため、その焦りを逆手にとられやすくなっているのも被害にあいやすい理由と言えます。

顔が見えない相手だからこそ悪質なことを簡単にやってのける悪徳業者や詐欺師たち。その餌食にならないためにも見せ金を要求してきた時点で疑いの目を向けるように意識しましょう。