銀行はこんな人には融資したくない

銀行は法人だけではなく、個人の融資も行っています。もちろん個人融資は法人の融資と同じく審査があります。
しかし企業融資と個人融資は審査ポイントが少し異なっています。法人融資の審査を行う場合はまず企業の決算書をチェックします。そこから資産・負債・資本金。そして貸借対照表と損益計算書などを見て総合的に判断します。法人と個人と決定的な違いはこの負債という点です。企業はこの負債があってもそれに対応する経営戦略や技術があれば融資をしてもらえるケースがあります。
個人融資はそういったケースがないです。これから銀行がこんな人は融資をしたくない。そのポイントを紹介します。


返済額よりも返済に延滞がないかが大事

銀行の融資はもちろん借金の返済額や勤務先、勤続年数をチェックします。その中でも一番重点を置くのが一度でも返済に遅れがあったかどうか。これがとても大事なのです。
はっきり言うと一度でも返済が遅れた経験があると銀行からの個人融資は諦めた方が良いでしょう。審査ポイントで借り入れしている人の人格を重視することがよくあります。
きちんとした約束を守れるか。これを一番に確かめたいのです。


頻繁に職を変えているか

先ほども言いましたが、銀行は思っているよりも人格を重視します。もし頻繁に転職を繰り返している人が申し込んでも、この人はしっかりと将来の計画を立てているのか。行き当たりばったりで生きているのではないか。こんな風に思われてしまいます。
転職をしたのなら、最低でも三年は期間を置いてから融資の申し込みをしましょう。